風俗で働くために上京する女の子

rshthrs
近年では、風俗業界の働き方の一つとして、出稼ぎスタイルで働く方達が増えています。
逆に風俗業界で働くために、田舎から大都市へと上京して、活躍している女の子も多いものです。
上京をして風俗嬢として稼いでいくことを決めたのであれば、名古屋がオススメです。
ここでは、上京風俗嬢として働くなら名古屋となぜ言われているのかを紹介していきましょう。

ハコモノ風俗店が多い

地方エリアでは、そのほとんどがデリバリーヘルス。
匿名性は高いものの、活動エリアや住居エリアを拠点としているデリヘルでは、知人などと遭遇することも珍しくありません。
地方都市というのは、それだけ世間が狭いのです。
だからこそ、あまり地元の人間と遭遇しないであろう都会エリアに上京しようと決断するわけです。
ただ、中規模レベルの地方都市では、ただ地元の人間に合わないだけで、世間の狭さは変わりません。
そして業態に関しても、一対一のシチュエーションになり、トラブルも多いと言われているデリヘルしか選択肢がないのです。
特に風俗嬢と何かといった二足のわらじで働きたいと思っている方なら、地方都市を選ぶのは、やめておいたほうが無難でしょう。
名古屋であれば、日本一とも言われている、ファッションヘルス店を筆頭として、ソープランドやピンサロといった箱モノ風俗店が多いので、安心して働くことが出来るメリットがあります。

人口が多いから求人数も多い

また、上京して風俗嬢として働くのに、名古屋が適している理由としては、その求人数の多さです。
いわずと知れた政令指定都市ですが、人口は、東京都、横浜市、大阪市に次ぎ、全国で4番目の人口を誇っています。
当然に様々な産業があり、観光地としても知られていて、全国からも多くの観光客が訪れることから、風俗店の数も地方エリアとは比較にならないほどに豊富に存在しています。
風俗求人が多いですから、近年では、お店によっては、不採用にされるケースも多いと言われる風俗業界に入れる可能性が高いのです。
また、風俗店が乱立しているということは、それだけライバル店が多いということであり、各店しのぎを削って生き残りを掛けて営業を行っていますから、地方エリアとは比べ物にならないくらいに好待遇であることは、言うまでもありません。

風俗街が広範囲に存在しているから

ytdjytd
他にも政令指定都市はあるし、人口が多い都市も3つもあるじゃないかと思われる方も少なくありません。
しかしながら、例えば、東京などの場合には、風俗エリアというのは、限られているんです。
例えば、有名なソープランド街と言われている吉原、箱物風俗のメッカである五反田。
外国人系のお店が多い新大久保や大塚です。
札幌に関してはすすきのは有名ですが、他は知らないでしょう。
横浜に関しても、堀之内くらいではないでしょうか。
一方で名古屋の場合には、ざっとエリアを挙げても、錦、納屋橋、今池、栄、東新橋、中村といったように、名古屋駅を中心にして、東西南北にバラバラに風俗街が分布されており、それぞれ独自の発展を遂げています。
なぜ、バラバラに分かれているのが良いというと、お客があまりにのめり込みすぎて、ストーカー化などをした場合など、予期せぬトラブルに見舞われた時に便利ということです。
前述に挙げたような風俗店が一点集中しているような都市の場合、同じエリアで他店に移籍をしても、すぐに見つかってしまう可能性が高いからです。
一方で名古屋のような広範囲に広がっている場合には、特定をするのに時間が掛かりますし、バレないことも多いです。
店舗型のお店も多いことから、そういった過去がある嬢などであれば、しっかりとお店が守ってくれるところもオススメの理由です。

更新情報